1_Top-1-suzusan-clothes
1_Top-2-suzusan-clothes
1_Top-3-suzusan-clothes
1_Top-4-suzusan-clothes
1_Top-5-suzusan-clothes

スズサン – 日本のテキスタイルとデザインを有松から

スズサン – レーベルのルーツは日本の有松にあり、村瀬家は100年以上にわたり、伝統的な絞りの技術を用いて織物を仕上げてきました。5代目となる村瀬家は、絞りを文化遺産として捉え、限りない情熱と完璧さを追求してきました。過去50年間に見られた絞りの衰退を食い止めるために、彼らは新しい革新的な手順と現代的な作品を開発することで、絞りの技術をより現代的なものにしようとしています。
しぼりは、400年以上前から日本で使われている伝統的な織物仕上げ技術で、非常に複雑な手作業で織物を仕上げます。染める前に、布の表面の一部を結んだり、縫ったり、折ったりします。このように布地を丁寧に操作することで、その後の染色では、流れるような色のグラデーションやコントラスト、さらには立体的な模様や構造が得られます。このような生産工程は、何世紀にもわたってほとんど変わらず、村の生産チェーンを彷彿とさせます。1つのテキスタイルが完成するまでには、通常4〜5人の人の手を経る。伝統的に、絞りは絹や綿の布地に施され、着物などの典型的な日本の衣服に仕立てられてきました。
suzusanのクリエイティブ・ディレクターである村瀬博之は、村瀬家の長男です。村瀬家の長男である村瀬博之は、サーリー州ファーナムにあるクリエイティブ・アーツ大学とデュッセルドルフのクンストアカデミーで美術を学んだ。日本を離れたことで、裕之は伝統的に豊かな家系の作品に対する意識を高めることができました。2008年には、日本の手仕事を現代的な文脈で表現することを目的に、デュッセルドルフに「suzusan」レーベルを設立しました。彼は、日本の家族が生産する高級ファッションコレクションを制作しました。この取り組みにより、10年間低迷していた絞りの手仕事が復活しました。現在、有松の工房では、若者たちが再び伝統的な方法で働いています。彼らは、細い糸を使って、個性的でモダンなデザインの高級服を作っています。鈴三は、ヨーロッパ、アメリカ、オーストリア、アジアの選ばれた国際的な顧客にこのレーベルを販売しています。